東京 心屋 晴れる屋まき

がんばる女性をテキトーにしたい

さそり座の満月の手放し



心屋流晴れる屋塾認定
テキトーカウンセラー・晴れる屋まきです


満月の日
昼間にソファーで
好き勝手やっていたのだけれど


満足した途端に
せつない涙が溢れてきて


寂しくて寂しくて


口から出た自分への言葉は


「一緒にいるよ」
「だいじょうぶだよ」
「それでいいんだよ」


それから
しばらく涙が止まらなかった




そして

これまで
何回も読み返した
しのの言葉を書きとめた
ノートを
また今日開いた


少し前に
決心して
覚悟してから


改めてわたしは決めた





これからわたしは

「失敗する」
「断る」
「無邪気なふりをしない」



あのね
わたしにとってね


失敗は
怖いしあってはならないことなの


そして
人に断るのも実は苦手
弱みを握られたくないから


それに
わたしは
これまで怒られないように
無邪気なふりもしてきたんだ


そうすることで
自分を守ってたの


弱いふりをしていた
わたしには
それが必要だった


でも
守っていてくれたそれが
少しずつ苦しくなっていて


それなのに
そのことに
気づけないでいた
気づいていないことに
していたのかもしれないなぁ




これからはね
わたし
「失敗する」
「断る」
「無邪気なふりをしない」


これらをするのはとっても怖い


ももういいんだ
もうやるしかないから


わたしはわたしと
「一緒にいるよ」
「だいじょうぶだよ」
「それでいいんだよ」


そうしたい!!!


ということがわかったから


ほんとのほんとのキモチ
わたしがわたしに伝えてくれた
だから
やっとそれを受け入れたの


時間かかったねー


でも
そんなわたしも
今は好きなんだ
だいすきなんだ


「一緒にいるよ」
「だいじょうぶだよ」
「それでいいんだよ」


{B93872D1-809D-4ECA-BD77-DDF8CF12534D}
と言いつつ
すぐ忘れそうなのがε=ε=ε=(艸゚Д゚*)嫌ァー