読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夫が「もうお前とは無理だ」と言ってきた③

心屋流晴れる屋塾
はれるやマキですฅ^•ω•^ฅニャー


こちらからの続き。



①はこちら。





「なんで主婦として
ちゃんと出来ねーんだよ?!」と


突然
顔を真っ赤にして
大声を出す夫。


しかも泣いている。



え……。


そ、そこ?!


泣くほど、嫌だったの?!



あまりにビックリして
その日の話し合いは
そこで終わった


というか

夫は怒りに震えながら
そのまま別の部屋へ行ってしまった


えー。。。。。





わたしが

主婦として行動していないから
だから
「もう無理」
思ったってこと?


そうなの?
σ( ̄^ ̄)??????

にわかには信じがたい

結局
わからない


彼が泣いていたことに
ショックを受けたわたし





また週末になり
ムスメを交えての話し合いがスタート



「こうやって
何回も話しても
もう俺に出来ることはないから。
もうやり尽くしたから、俺。
これ以上、俺には何も出来ないから。」

その日は冷静な夫。


はーー。とため息をつくムスメ。


そこでわたしに
謎のスイッチが入った


「わたし
あなたを優先するから。」


口走るわたし


「だから
そういうの、もういいから。
俺には無理だよ。」

拒否る夫。


でもスイッチが入ったわたしは

「え?!
だってもう、あなたには
出来ること、ないんでしょう?

だったら
もう何も出来ないんだから

わたしがやってる事見てれば
いいんだよ

わたしは
あなたが望むような
あなた優先はできないと思うけど

それでも
あなたはそれをただ
見ていればいいだけじゃん

無理とかないじゃん

だってもう
出来ることないんでしょ?!

自分で今
そう言ったでしょ?!」

上から目線で
まくし立てるわたし



「あ…そっか…
俺、もうやる事ないのか
出来ることないのか

そっか…

ほぉ…

なるほど……。」


キツネにつままれたような顔をして
つぶやき出した夫


すると
注意深く様子を見ていたムスメが

「はい!
では、そういう事でーー!!!

お腹すいたーー(ෆ`꒳´ෆ)」

すかさずしめたw


それを聞いて
「あはは…」と
力なく笑った夫





結局
夫は
わたしに
俺のことを優先して欲しい、と
思ってたんだ


だから
それがわたしの口から出たのかな






そして
その話し合いのあとから

わたしは
ほんとに夫を
できるだけ優先するようにした




口にしたから、
というだけじゃなくて


なぜか
自然と出来るようになった


そういえば
少し前は
それが当たり前だったことも思い出した


わたしに
昼間も夜も用事がある時は
晩ご飯は夫に
お惣菜買ってきてもらったり
簡単なものを調理してもらってたけど

わたしが
一度帰宅して
ご飯を用意するようにもなった


何年もやっていなかった
誕生日やクリスマスに
わたしからの(ムスメと共同ではなく)
プレゼントを渡した


だんだん
わたしの外出も減っていった


そんな見えすいた【優先】なんて
彼は
求めていないのかもしれないけれど


考えてみれば


ここ2年くらい
主婦を「やらない」方に
振り切ってたわたし


どうやら
振り切りすぎてたみたい


家の中は殺伐としてた


それでも
わたしの意識は
外に外に向いていった


でもほんとは
主婦業は
嫌いじゃないし
そんなに苦痛でもなかったんだ


むしろ
家族に求められて
喜ばれて
成果が見えて
達成感を味わえる楽しさがあったんだ


ただ
「やるべき事」と思っていた時は
それに気づけなかった

つまらなくて
ただ辛いだけだった


だから
家事をしない時期も
わたしには必要だったんだね




15年前に
「同居人としか思っていない」と
夫に言われて
わたしは
とてもとても傷ついたけれど


その時も

それは
とても手がかかっていたムスメばかりを
優先していたわたしに対する
彼の不満だったのかもしれないなあ


まあ
平たく言えば

『ぼくちんを見て(;`O´)o』


ということだったのかしら





話し合いから3ヶ月


とっても穏やかな時間が流れてる


もしかしたら
こんなに穏やかなのは
結婚してから
初めてかもしれないなあ


穏やかすぎて
エネルギーを持て余し気味だけれどもw


夫相手に
エネルギーを使う前に
自分に使おうと思って


ベクトルは自分
自分に自分がやりたいことを訊く


そうしていくと
自然と
夫優先になっていったりするから
これも不思議だなあ


夫も
笑顔が増えて冗談言って
そしてわたしに対する
優しい気持ちが伝わってくる


嬉しいな



こういう時間が欲しかったんだな



ずっと
こういう間柄になりたかったんだな


嬉しいな





つたない文章で
長々と書きました


描写が微妙で
伝わりにくい所があったのに


それでも
読んでくれたあなた


ありがとう٩(๑>◡<๑)۶








♡自己紹介♡
心屋流晴れる屋塾
テキトーカウンセラー晴れる屋まき

まゆっちこと
心屋塾認定講師晴れる屋まゆこさん主宰
晴れる屋塾【美~プロジェクト】1期カウンセラー養成コース卒業。ぢんさんの外孫。
カウンセリング手法は、 NLPコーチングを織り交ぜた 心屋流晴れる屋カウンセリング。
昭和43年東京生まれ。
子供の頃は父親の仕事の都合で
国内外で10回転校、引っ越しは14回。
大学の時に出会った夫と
写真の専門学校に通いだした娘の3人家族。
自分の真面目なのにテキトーな性格を認め始めたら いろんな事が楽しくなってきました♡
つい頑張ってしまうあなた。
真面目でも「てきとー」になっても大丈夫です!
貴方らしい生き方で 楽になっちゃおう^^