東京 心屋 晴れる屋まき

がんばる女性をテキトーにしたい

旦那さんが怒る理由とは。



ああー

気が重い。



気分がイケイケじゃないと

ブログ書くのも嫌になる。


でも
記録のために。
いや、やはりMなのか。

{6FCC74B5-63EF-4863-AE94-1928F68CA52A:01}
ムチいる?


友達とカラオケ行って
楽しくなって
すごい飲んで
帰れなくなって
確信犯的に友達のうちに泊まる

旦那さんには
連絡はしたけれど

激おこ。

帰宅して謝ったら

「もう、なんも、話す気、しねぇっ!!」。



あれからもうすぐ1週間

口をきいてくれない。

口どころか

わたしが見えないかのように
わたしゃ透明人間か!
という扱いを受けている。

あんなに挨拶大好き人間が

朝なんか

無言で、玄関バターン!と閉めて出掛けてる。

挨拶って
人選ぶんですか!?
もはや人でもないんですか、わたしは!

最近は
洗い物や洗濯物、掃除、
なんだかとてもやってくれてた人が
山積みでも放置。
自分の分すらやらない。

家事手伝ってくれるのも条件付きなんですか!?


あなたも今でこそ減ったけど
朝帰りなんてザラだったじゃないですか!
朝帰りなんてまだ可愛い方じゃないですか!
あんな事もこんな事もしてたじゃないですか!



旦那さんの気持ちがとてもよくわかる娘に
わたしの思いの丈をぶちまけてみました。


「うちら、理不尽な事を言ってるのはわかるんだけどねー、

あのね、

わたしとかパパはねー、

自分がしていい事でも

人にされると嫌なの。それだけ。

パパは、置いてかれる感じが嫌なんだと思うよー

置いてけぼりー、みたいな。

洗い物も

こんな奴に親切にする必要ねぇー!って

思ってんだよ。

条件とかなんとかなんて何も考えてないよ。

挨拶もしたくないからしてないだけだよ。

拗ねてんだよ。

めんどくさいけど、どーしようもないんだよ。」





はーー?

そーなのー?

なにそれ。

ほんとやなんだけど。



とにかくこの状態が嫌だ。

泊まったことを後悔する。

でも、泊まりたかった。その子のうちに行きたかった。
確信犯的に泊まった。怒るだろうなぁと思ってた。
でもこんなに怒るのわかってたら
行かなかったかも。
でも。
でも。

旦那さん、怒ると、長い。怖い。

娘にも
「またパパ、長いんでしょー
めんどくさいなー
もう慣れちゃったけどー」

と言わせてしまい。


ひーーーん。
と、メーリスで泣き言を言う。

そこでまゆっちの

「悔しくないの?!」の言葉がぐさっと刺さる。










悔しくないの?

もういい加減やだ!
って、
そこまでいってないの?

まだ我慢できるの?













《まあ、
娘ちゃんには
すごくいい学びかも。》



ほ、ほ、ほんとか?!