怖ーい人は…!!!




怖くなくなったんだよ。

電話を受ける仕事。


怖い人がいなくなったわけではないんだけど。



わかっちゃった。


なんで怖いのか。

なんで怖いのが嫌か。



電話に出る

→強気なおじさん
→怖い
→勢いよく質問してくる
→私、わからない
→畳み掛けるように問い詰められる
→私、答えられない、しどろもどろ
→デカイ声出される
→怖い、身体中がぎゅーーっと硬くなる


電話に出る

→やたら言葉が丁寧な女性
→怖い
→馬鹿丁寧に質問してくる
→私、わからない
→理路整然と問い詰められる
→私、答えられない、しどろもどろ
→鬼の首取ったように非難してくる
→怖い、身体中がぎゅーーっと硬くなる


怖くない電話。
・しどろもどろの人
・下手に出てくる人
・なーんにも知らなくて教えて欲しい人
・アタマ悪そうな人
・優しい人
・単純な人





私がわかったのは

わかっていなければダメ

と、私自身が思っていた、という事。



答えられない、知識がない、能力がない人はダメなんだ

責められて当然なんだ

怒られて当たり前なんだ




まー
別に
今更それに気づく私って
遅すぎるっていうか
なんなん?って感じだけど


やっと仕事内容が部分的にわかってきて
余裕が出てきて

そうしたら
話すの怖くなくて

あー
わかんない事訊かれるのがのが怖いのかー

答えられなければならない!と思ってるのかー


つまり
わからない人をバカにしてるのかー、、!


つまり
怖い人は、、、


私かww


あいつら、あれ、私ww





気づいた時
驚いたなー
そして
わらったなーw


だってあいつら
「わからないだなんてあり得ない!失礼極まりない!反省しろ!」って
みんなおんなじ事言うんだもん。


私があいつら使って私を責めてた。


言、わ、せ、て、たー♡


どMにも程があるっちゅーねん。



ちなみに

怖くない人々も
私そのもの。








それから

電話来ないよ、怖い人の。

内容によっては

こ、こわい、と思う時もあるけど

怖いの来い‼︎
と逆に思う事にしたり

あれ私‼︎
と思い込んでみると


あれまー。
怖そうな人も意外にあっさり電話切っていく。

中には
「ありがとう」とか
「あなたの忍耐力に感謝」とか
お礼言う人が。

嬉しーなー!(単純


おバカな自分に乾杯(* ̄∀ ̄)ゞエヘヘ





{351E1525-A284-46C0-8F13-5B60E71FC203:01}



わわわ!

まさにこれ!!!



えみこちゃーーん、、涙(。´Д⊂) ウワァァァン!!