読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「助けて」言うしかないか。やだなー。








はしのんさんのブログ。から




「私に◯◯があれば・・・」という思いに駆られているならば、それは、まだ◯◯を持っていない自分は✕と思っている、ということ。

基本(前提)が、今の自分に✕をつけているのね(^^;)






自分は大丈夫だろうと思えると強いです。 

まぁ、どうなっても大丈夫な自分だから、これができるようになると、さらにおもしろいことになるかもねー、なんて。




☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡







今、お金がない。

口座に今月分しかない。

私は、それが、とても心配。





「ゴロゴロしてて、遊んでばかりいても、
私は価値のある人間です」


「お金、使っても使っても、どんどんお金、入って来るしー。」


つぶやいて
つぶやいて

それでも
日に日に不安が顔を出すようになり

それでも
もう気持ちの後戻りはしない!

と、決めたから

ジタバタしない。




けど!




怖いよぉ。。。。゚(T^T








いろんな人のブログ読んで。

最後に読んだ、はしのんさんの記事。








あ、そっか。


お金、無くなっても、私は素晴らしいのだ。

無くなったらバツと思ってた。

私のせいでなくなったのが嫌だった。


あってもなくても、変わらない!

あってもなくても、私の価値は変わらない!

私は素晴らしい。

私が幸せになることは決まってる!






とは、言っても、

心配はなくなりません。




お金が無くなりそうなのは、

自分のせいだとやっぱり思っているからです。

そのせいで、家族が苦しむと思うから。



私がたくさん使いました。


だから、お母さんにもらいました。

でも、それもすぐに支払いに消えました。





私ばかりがお金を使っている。

と、いうことを、家族には言えません。





だから、今までは、足りなくなると、

節約モードに入ってました。

自分にお金を使うことは、一旦中断です。

なんとかそれで乗り切ってました。


それでもだんだん、ジワジワと苦しくなってきて



2年前の受験の頃は節約だけでは追いつかず

恐々働きに出ました。

好きな仕事に就けたのと

お給料が入るということに喜びを感じ

お金のことは何も心配しなくなりました。



でも徐々に仕事が辛くなり

2年弱で辞めました。


そして4ヶ月で首が回らなくなりました。






困ったら、また働きに出ればいい、と思って辞めたけれど

今は出来れば働きたくない。



でも私が使ってしまったお金の穴埋めを

誰にも気づかれないうちにしなければならない。









「助けて。」










「私がお金を使って、なくなってしまっての。」








母にも旦那さんにも言えない。



怒られる。
責められる。
呆れられる。
蔑む。
信用してもらえなくなる。



娘にも言えない。

気を使わせる。
呆れられる。



お金が無くなる、ということは、

死につながる気がするくらい、怖い。


私、今、怖いんだ。







あー。

楽になりたいなー。

心配なんかしたくないなー。

楽しい毎日がいいなー。






お金、どんどん入って来る、らしいよ。
私、素晴らしい、んだって。
私、幸せになることは、決まってるらしいよ。





{1ECA0027-80C0-4C2F-B083-68C40E23C832:01}