私は素晴らしいです?



11:25

住んでるマンションのオプションで、レンジフードを無料で綺麗にしてもらってるなう。


11:26





相当汚いのでよろしくお願いします。、と言うと、「はあー」と苦笑いのお兄さん。がーん。


11:27





でも、わたしが、お兄さんからの「いえいえ大丈夫ですよ、にこ♡」を!期待してたってことよね。


11:28





台所から聞こえてくる音は、「ゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシ…」


11:29

音的には、とてもアナログに、歯ブラシかなんかで、超地道にこすってる感じ…
あああ、申し訳なくなってくる


11:30





でも。磨いて頂いている。
私は、磨いてもらう価値がある。
私は素晴らしい。


11:31





自分がメンテナンスしてもらっているイメージをしてみる。


11:31





悪くない。


11:33

そして、今朝来てもらう前に、
この汚部屋を、いつもならする、来客前の大掃除をしないという、パターン崩しもしてみた。


11:34





まあ、今日は、そもそも、キッッッタナイ換気扇見せるんだけどねっw


11:42





換気扇、ピッカピカになったー☆
嬉しい!!お兄さん、汗だく。ありがたい…。


16:13





そして、皮膚科で脱毛


16:13

その後、美容院←今ここ


16:14





仕事辞めるって決めたら、なぜか、自分にお金使うの、罪悪感がなくなった…


16:14





収入減るのに?!


16:15





なんか、余裕〜〜♡


16:15

ワタシ、オカシクナッタノカシラ……


18:18





もう、感謝しかない…
シャンプーしてもらいながら、こんなに感謝の気持ちが溢れてくるの、初めてだ。


18:19





美容師さんにも、ここにいられることも、もう、何もかもに。
感謝。


このデザインで書いてみる?

この心境の変化。これが、自分を大切にするってこと?