東京 心屋 晴れる屋まき

がんばる女性をテキトーにしたい

抵抗



「だからね、ママはね、パパとかおばあちゃんに合わせて来たわけよ、今まで!
理想を演じてたの!彼らの!

それを最近やっっっと気付いて、
疑問に思って、
自分の思う方向に進もう!とかやり出したらさ、

例えばあの人たちがAだ!と言うのを
いやいやBかも、とママが言うわけよ。
そんなん言い出したらね、

すごい抵抗される、っていうか、
Aを選択しないママは否定される、っていうか……」


「……で?
ママは、何がしたいの?見えてこない。」

「そりゃあアンタ………………………………………………
なんだろか?」


なんか結論出ないけど、脱力〜

何がしたいんだろ、私。

私が正しいことを訴えたいだけか。

そしたら彼らと同じじゃんね。



Bと言ったら否定されるけど
それでもBと言い続ける勇気が欲しいんだよ、と娘に説明したら、

ふーーーん
と、わかったようなわかんないような顔をする。

高校生相手に
夫婦仲がおかしいのは、ママのせいじゃないのよ、と
自分を正当化したかったの、私?

これではだんまりな夫と一緒だぁ!(´Д`;)